沿革History

明星国際ビューティカレッジ63年間の歩み

1957年、別府市に「明星美容専門学校」を開校して63年。
現在は大分市に場所を移し、学校名も「明星国際ビューティカレッジ」と改名しました。
常に美容業界の先を見つめ、美容学生の教育に取り組み、今までに7000名以上の卒業生を輩出しています。
1957.4.1 別府市に「明星美容専門学校」開校
(設置者:河野善吉 学校長:河野シヅ子)
各種学校として大分県知事より設置許可を受ける。
1957.4.5 美容師要請施設として厚生大臣より指定を受ける。
1960.5 大分県美容業環境衛生同業組合理事長に学校長:河野シヅ子が就任。
1968.11 学校長:河野シヅ子 美容業界に特別尽力した功労により、厚生大臣より表彰状を授与される。
1972.12 別府市より大分市府内町へ移転。
1975.3 日本理容美容教育センター創立20周年記念において、美容師養成の功績により厚生大臣 田中正巳より感謝状を授与される。
1978.3 日本理容美容教育センター理事長より、永年美容教育功労者として表彰状及び副賞を授与される。
1984.4 美容本科の中に、「カット&ブロー専修コース」および「花嫁着付け専修コース」を新設。
1986.4 「メイクアップ専修コース」を新設。
1987.4 必修ゼミナールとして、「レブロン・マニキュア修士取得ゼミ」および「オリリー・メイクアップスクール」を開設。
1989.4 美容科学講座(ベストカラー)を開設。
1995.12 イギリス ヴィダル・サスーンとスクールシップ校締結。フランス C.A.C.F.(フランス美容理容創造委員会)会員校となる。
1996.4 学校名を「明星国際ビューティカレッジ」と改名。
1998.4.1 美容師法改正により昼間過程修業年限を2年制へ、通信課程修業年限を3年生へ移行する。
1999.1.1 大分市府内町より校舎を現在地(大分市大津町1-1-1)へ移転。
2001.10.1 学校法人として認可を受ける。「学校法人 河野文化学園(理事長:河野剛)」
2003.6.18 学校法人河野文化学園がホームヘルパー養成研修事業(2級過程)の指定を受ける。「明星ホームヘルパー養成スクール」開校。
2003.6.18 habia/英国政府認可法人・美容技能資格証明書授与組織における、habia international内habia eastの認定校に加盟。
2006.3.29 職業訓練法人明星会設立。同年3月31日付にて認定職業訓練校として「明星職業能力開発校」を設立。
2007.3 全日本ブライダル協会(会長:桂由美)の認定校(大分県唯一)となる。
2008.10.28 河野朋子 厚生労働大臣表彰受賞(厚生労働大臣:舛添要一)。
2009.10.9 緊急人材育成支援事業を開始。
2010.8.5 初代校長 河野シヅ子涅槃 享年満101歳。
2011.4 河野シヅ子基金の設立。「ビューティビジネス科」開設。
2013.4.1 NPO法人 日本理美容福祉協会認定校(大分県唯一)となる。
2013.9.1 FIERCIVE認定校(大分県唯一)となる。
2013.10.1 介護福祉士実務者養成施設として「介護福祉士実務者研修」を開始。
2015.2.17 美容科が文部科学大臣認定「職業実践専門課程」の認定を受ける。
2016.1.1 河野桃子 学校長就任。
2015.2.17 国際美容技能証明 City&Guilds Accredited Programme導入。
2015.2.17 八洲学園高等学校提携開始。
歴史があるから実現できる、美容業界と直結した授業。社会人基礎力の形成。
だから、即戦力として就職できる。それがMYOJO